Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「邪魅の雫」京極 夏彦

「邪魅の雫」京極 夏彦
817p講談社

昭和二十八年夏。
江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように 毒殺死体が 続いた。

京極堂シリーズ


読んだ〜〜〜
疲れた。
メモ 取りながら恩だので、息子(次男)に馬鹿にされた。だって〜〜登場人物多いんだもん。
デモさ、シリーズ 読んでるから おなじみの名前とかあるから メモらなくても 本当は 大丈夫なんだけどさ。メモりながら 読むとすっきり。

それにしても 榎木津くん〜〜!!!
でした。

京極 夏彦 - trackbacks(0)
| 1/1 |