「闇の聖杯、光の剣―北斗学園七不思議〈2〉」篠田 真由美

「闇の聖杯、光の剣―北斗学園七不思議〈2〉」篠田 真由美
335p理論社

ミステリーYA!
北斗学園七不思議の第二弾。
新聞部の三人組 オレ、清家 彬(アキ)と桂 春樹(ハル)、青木 保(タモツ)の学園内の冒険の続き。
今回は、ドイツ第三帝国の崩壊、暗号、魔女、オカルトと盛りだくさん?!

う〜ん まだ、続きが ありそう。

 

ミステリーYA! - 16:25 - - - - -

「医学のたまご」海堂 尊

「医学のたまご」海堂 尊
280p理論社

ボク、曽根崎薫は ひょんなことから スーパー中学生となってしまい、東城大学の医学部で研究をすることに なった。


横書きなんだよね。
やっぱり白い巨塔ってか?
教授ってすごいわ。
成功したら自分の手柄、失敗したら部下の責任。
中学生まで 巻き込んじゃうか〜。

ミステリーYA! - 15:47 - - - - -

「漱石先生の事件簿 猫の巻」柳 広司


「漱石先生の事件簿 猫の巻」柳 広司
389p理論社

よんどころのない事情で、英語の先生の家で書生として暮らすことになった僕。先生宅で起こる奇想天外な事件の数々。

あとがきから
『"文豪"夏目漱石の"名作"『吾輩は猫である』を「股ぐらからのぞいた」のが本作品です。

う〜ん、なかなか面白かった。作者のうまさだけれど、こういうのを 読むと 本編のほうも もう一度、本編を読みたくなってくる。
青空文庫という手もあるか。

ま それより 柳 広司 さんの 他の本も 読みたくなった。

ミステリーYA! - 11:05 - - - - -

「タイムカプセル」折原 一


「タイムカプセル」折原 一
404p理論社

十年前、タイムカプセルを埋めたメンバーのもとに、「告!栗橋北中学校・三年A組卒業生の選ばれ死君たち」と記された奇妙な招待状が、つぎつぎ 届く。
しかも郵送ではなく誰かが運んでいる。
招待状を 出した人間は いったい誰なのか。


スルスル読める。
ちょうど 前に読んだものが 同窓会で 招待された話だったので、余計に 面白く 読めた。

でも、10年なんか あっという間なんだけどなぁ。
中学生からの、その後の10年は、一番変化してる 時代かな?

ミステリーYA! - 12:15 - - - - -

「雨の恐竜」 山田 正紀


「雨の恐竜」 山田 正紀
401p理論社

先生が殺された。現場に残されていた恐竜の足あと。犯人は恐竜!?

反発心のおこる 書き方が多くて、突っ込んでばかりで疲れた。
そんなアホな、ウソ〜、オイオイ待てよ!

まあ そんな細かいところは 面白けりゃ 打ち消されるんだけど あっけない幕切れで、なんか 消化不良 起きそうでした。

初めて読む作家さんだけど、しばらくは いいや。。

ミステリーYA! - 15:49 - - - - -

「王国は星空の下」篠田 真由美


「王国は星空の下」篠田 真由美
325p 理論社


深い森に囲まれた全寮制の北斗学園。
外部入試で入った、3人 「アキ」「ハル」「タモツ」ハ同じ部屋で、新聞部。
3人は、学園に伝わる「七不思議」を探ろうとする。

どこに何が入ってるか予想がつかない図書館…それって個人の書斎だな。


●男子校つながり
「ネバーランド」恩田陸。

ミステリーYA! - 16:00 - - - - -

| 1/1PAGES |