「身の上話」佐藤 正午

「身の上話」佐藤 正午
373P光文社

地方都市の書店に 勤務するミチルは 平凡な女性だったが、ある日ふっと そこから抜け出してみたくなった。


いや〜面白かったわ。
なんか 重苦しくて 先が 読めなくてどうなるか 気になって 仕方がなくって一気読み。

そうか そうくるか という最後。

ま、私なら もっと 早い時点で 一気に 潜伏を 図るかな。

 

佐藤 正午 - 13:56 - - - - -

「アンダーリポート」佐藤 正午

「アンダーリポート」佐藤 正午
334p集英社
15年前、地検の古堀の隣室に住む男が 撲殺された。


古堀以外は、すべて女性。
15年前って そんなに古い話では ない。

サオリの存在が めちゃ気になった。
けれど 結局は 話の大筋には 関係なかった。

佐藤 正午 - 13:53 - - - - -

| 1/1PAGES |