Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「千里眼 トランス・オブ・ウォー」松岡 圭祐
千里眼「千里眼 トランス・オブ・ウォー」松岡 圭祐
558 p 小学館
岬美由紀は、イラクで人質となった日本人の救出チームのPTSDに対処するために臨床心理士として派遣されていた。突然戦闘によって、人質は奪還できたが、美由紀一人が イラクで武装集団に捕らえられた。

美由紀が、ヘリを 操縦できるわけが わかったサ。
で、まあ、活躍はするよね 確かに。
でも あの変な影の集団はどうしたのさ。アメリカさんに くっついてるってか?
もうすこし フィクションらしくバリバリやって欲しかったかも。

シリーズとしては、かっこいい美由紀ちゃんに会えたから良かったけど。

ともかく 2段組 500ページが苦にならないから不思議よね。
松岡圭祐 - -
「水の通う回路」松岡 圭祐
water「水の通う回路」松岡 圭祐
478 p 幻冬舎
黒いマントの男の陰に脅え、魅入られたように 次々に自殺行為に走る子供が 出現。共通項は、新発売の超人気ゲーム「アクセラIV」だ。果して そのゲームに謎が隠されているのか?
発売元のゲーム会社・社長の桐生は 窮地に立たされる。

謎を 追って企業間の事 ゲーム会社の内部の事など、スイスイ読めて 結構面白かった。
松岡圭祐 - -
「ヘーメラーの千里眼」松岡 圭祐

「ヘーメラーの千里眼」松岡 圭祐
542 p 小学館

自衛隊のエリートパイロット・伊吹直哉が 演習場の標的内に入り込んだ小学生を知らずに爆撃した?!
彼の精神鑑定に美由紀は指名される。


何と!愛と青春か?
岬美由紀の学生時代を 思い返しながらのお話。
これまでの 千里眼・岬美由紀シリーズ とはちょっと違うけどそれなりに楽しめましたっ!
ところでこのヘーメラーとはギリシャ神話の「昼の女神」だそうでかなり後半に出て来た。
いや〜 どういう意味かと思って読んじゃったもので〜。
松岡圭祐 - -
| 1/1 |