★「ア・ソング・フォー・ユー」柴田よしき

「ア・ソング・フォー・ユー」柴田よしき
356p実業之日本社
目次
ブルーライト・ヨコハマ
アカシアの雨
プレイバックPART3
骨まで愛して

にこにこ園と、隣のビルの間に赤ん坊が。
一体誰が置き去りにしたのか奔走する花ちゃん。


花ちゃんの 過去って 今までに 書いてあったんだっけか。
すっかり 忘れてる。
なんか 目新しい気分。
いろんな登場人物が増えるたびに楽しみになっちゃうわ。

柴田 よしき - 15:39 - - - - -

「シーセッド・ヒーセッド」柴田 よしき


「シーセッド・ヒーセッド」柴田 よしき
405 p 実業之日本社
目次
ゴールデンフィッシュ・スランバー
イエロー・サブウエイ
ヒー・ラブズ・ユー

花咲慎一郎シリーズ第3弾。
今回の依頼は、ストーカーの脅迫、捨て子の赤ん坊(しかも山内練の子?)の母親探し、ストーカーかと思いきやなんと大学教授のスキャンダル。

ハナちゃんはいいけど練ちゃんのイメージが変わっちゃったよぉ。
まっ、いいか。

柴田 よしき - 10:31 - - - trackbacks(0) -

「ふたたびの虹」柴田 よしき

「ふたたびの虹」柴田 よしき
289 p 祥伝社
旬の素材を扱う小粋な小料理屋「ばんざい屋」。そこで出会う人たちの事件、そして女将の秘密が解き明かされていく。

北森さんの「香菜里屋」鯨さんのビアバー そんな雰囲気も。設定が そう言うちょっとした食事の場所だからかな。
ただし こちらは、マスターでなくて、女将だけど。
女将の年齢がよくわからなかったが、読んでいくうちに、結構若かったんだとわかった。(もっと年齢が上だと思っていたから。)
ここも結構美味しそうな料理を出すんだよね。

柴田 よしき - 12:04 - - - trackbacks(0) -

「桜さがし」 柴田 よしき


「桜さがし」 柴田 よしき
341 p 集英社

目次

一夜だけ
桜さがし
夏の鬼
片思いの猫
梅香の記憶
翔べない鳥
思い出の時効
金色の花びら

今回は、浅間寺竜之介の教え子 歌義、陽介、綾、まり恵の 4人が、主人公。
出会い、別れ、恋、事件。
四人に訪れる人生の岐路。

京都の観光をしているような、話だった。
この「桜さがし」で、常照皇寺の桜が、でているが、一度行ってみたいと思っていた寺。
しかし遠くて、車がないと無理みたいで、行き損なっている。
ところでこの人の作品は、他の作品の主人公が出たりしていて、面白い。シリーズではないのに、この前読んだ、ゼルフィスの浅間寺が、出てくるし、どうやら他のシリーズにもこの浅間寺センセイは 出ているらしい。

どこかに 柴田作品を、色々なタッチの作品があると書かれていたのを 読んだが 本当に、この前読んだRIKOシリーズとは全く違ったタッチだ。

柴田 よしき - 12:01 - - - - -

「風精(ゼフィルス)の棲む場所」柴田よしき

「風精(ゼフィルス)の棲む場所」柴田よしき
247 p 原書房

目次
地図にない村
鎮守の杜
消えた乙女の伝説
蝶の舞
数秒間の不思議
秘密の花園
蝶たちの煩悶
風邪の精の棲むところ
いつか逢えるひと

今までとは違った感じ。
これもまた良し。
なんだか テレビのサスペンス劇場なんかになりそうな話で、軽く読める。

柴田 よしき - 10:16 - - - - -

「フォー・ユア・プレジャー」柴田よしき

「フォー・ユア・プレジャー」柴田よしき
419 p 講談社
花咲慎一郎シリーズ第2弾。カタギの仕事なんざ園長に頼まないよ。

慎ちゃんも なかなかイイ男じゃん。
まあ 警察よりは動きやすいか。なんか 探偵にしたのわかるような気がする。
「松田優作」がやりそうな感じかなぁ?へへ、私の時代なら、「ショーケン」だね。
あそこまではイイ男ってかんじでもないけど〜。

柴田 よしき - 16:05 - - - - -

「フォー・ディア・ライフ」柴田 よしき

「フォー・ディア・ライフ」柴田 よしき
393 p 講談社
無認可保育園の園長にして、ヤバイ仕事も引きうける私立探偵。
花咲慎一郎 奮闘記。
練ちゃんは出てきたけど〜端役ね。
でもきらりと光ってるよ〜。
やっぱり不思議ね。だって、もう練ちゃんのこととかわかって読んでるから、フンフンて感じよ。
やっぱこういったの 全て読んでからの方が よかったかなぁ。

柴田 よしき - 13:12 - - - - -

「月神(ダイアナ)の浅き夢」柴田 よしき


「月神(ダイアナ)の浅き夢」柴田 よしき
398 p 角川書店

独身の、それも美男子の刑事だけを狙った?連続猟奇殺人事件が。女刑事RIKOシリーズ第3弾。

母親だから 書ける、そんなことも多い感じがする。
まあ、自分が、出来ないことをやらせてるっところね。
それにしても緑子は 音ちゃんに比べて結構簡単に同情するよね。男に弱いのかねぇ。
う〜ん!それにしても、練ちゃんって、…クールよねぇ。
まあいいか。

シリーズではないらしいけど、麻生-山内の出る話、後二冊あるらしい。はい しっかり、予約かけましたぁ〜。

*蛇足 この 柴田よしき さんは 女流作家です。
で 母でもあるわけで、ちょっと説明不足だったか。

そして この、山内練なる青年は 経済やくざの頂点にいる奴です。そいつが なかなかクールで、侮れません。
敵役がいいと、つい のめりこみます。

柴田 よしき - 09:38 - - - - -

「聖母(マドンナ)の深き淵」柴田よしき


「聖母(マドンナ)の深き淵」柴田よしき
326 p 角川書店

疾走した保母の友人を探すユタカに頼まれたがその保母の行方は… 新宿を中心とした世界に生きる女刑事 緑子シリーズ第二弾。

今回は山内練もでてきたし〜
ついつい夢中にナって読んでしまった。
なるほど、外伝「聖なる黒夜」を先に読んじゃうと話は全く違った印象になる!
まあそれもまた安心して読めるってことでもあるわね。

これではもう一冊も読んでしまいたい衝動に〜
しかし返却日は他の本のほうが先だし〜
く〜っ、どうしよう!

柴田 よしき - 14:23 - - - - -

「RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠」柴田よしき

「RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠」柴田よしき
354 p角川書店

第15回横溝正史賞受賞作。

レイプビデオがからむ 連続殺人事件を 追う新宿署の女刑事 村上緑子(リコ)。

女刑事にしても、クールな音チャンよりも人間味のあるリコちゃん。
彼女もまた いいかも。

ホントは「レオナルドのユダ」を読んでたけどこっちを 先に読了さ。

柴田 よしき - 10:25 - - - - -

| 1/2PAGES | >>