Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「いちばん長い夜に」乃南 アサ
 「いちばん長い夜に」乃南 アサ
373p新潮社

前科持ちの刑務所仲間―それが芭子と綾香の関係だった。
“過去”に怯えながらも、東京の下町に居場所を見つけて、ゆっくりと歩き始めた時、二人は自分たちの大きな違いに気づき始める。
人を殺めるとは何か。人が生きていくとは何か。
亡くなった人間が残すものとは何か。
そして、いつか、彼女たちの長い夜は明けるのだろうか?



NHKドラマを見てから 読んだが 話は かなり変わっていた。

大筋は変わっていないのだが、いろいろな面でとらえ方が違う。

例えば、芭子とその家族は断絶のままだし。綾香は息子には会えないし、ボランティアは震災の東北だし、芭子のボーイフレンドは、震災で出会った人だし。

かなりの演出ってことね。

驚いたのは あの日、仙台からタクシーで帰ってくるところ。

まさか 帰ってこれないんじゃないの〜?とか 思いつつ読んだ。

なんと、 あとがきで、実際 乃南 アサさんが 綾香の実家を 仙台に設定していて、取材で 仙台に 行っていて 震災あって、本当に その日タクシー3台乗り継いで、帰った来たとか。

びっくりした。
乃南 アサ - -
「いつか陽のあたる場所で」乃南 アサ/「すれ違う背中を」 乃南 アサ
 「いつか陽のあたる場所で」乃南 アサ
267p新潮社
ご近所の噂話にビクリとし、警官の姿を見てはドキリとする。ワケあって下町は谷中で新生活を始めた芭子と綾香。
「すれ違う背中を」 乃南 アサ
239p新潮社
パン職人を目指して日々精進する綾香に対して、芭子はアルバイト募集にもなかなか採用されない。そんなある日、ビッグニュースが! 商店会の福引きで一等「大阪旅行」を当てたのだ。

NHKのドラマでやってるので 早速借りて読む。
芭子&綾香シリーズ

ドラマでは、芭子の犯罪がくわしく言われないので、何だろうと思っていた。本では さらりと書かれている。ああなるほどそういうことかと納得。
テレビドラマとは違う感じだけれど大筋は同じかな?
本は本でなかなか面白い。
第三弾が出ているらしいが図書館にはまだ入っていない。
さっそく予約してこよう。「いちばん長い夜に」
乃南 アサ - -
「風の墓碑銘」乃南 アサ

「風の墓碑銘」乃南 アサ
492p新潮社

東京・下町の 古い家の解体 工事現場から 白骨死体が 見つかった。大家のおじいさんは、ボケているらしい。借りていた人間がわかれば、被害者や、加害者の手がかりが あるはずだ。
女刑事・音道貴子は 大家である ボケが始まっている徘徊老人を訪ねる。


音道さん 好き。
一気。
乃南 アサ - -
「嗤う闇」乃南アサ

「嗤う闇」乃南アサ
252p新潮社

目次
その夜の二人:何が禍になるか…
残りの春:下町のストーカー…
木綿の部屋:元同僚の娘の…
嗤う闇:レイプ犯は…

東京下町への転勤で新たな悪戦苦闘を始めた音道貴子。短編 音道シリーズ第3弾

相変わらずクールな、音道貴子。
続きそうで 気になるのは、「木綿の部屋」

なんだかなぁ〜。

もちろん、彼女の周りの男の人も 気には なるんだけどね。


乃南 アサ - -
「未練―女刑事音道貴子」乃南 アサ

「未練―女刑事音道貴子」乃南 アサ
332 p 新潮社
目次
未練;カレー屋の男の過去
立川古物商殺人事件;殺された店主にかかわった人々
山背吹く;立てこもり
聖夜まで;身内
よいお年を;自身の身内
殺人者;おっちゃんの相棒

音道シリーズ短編集第二弾。
私が内容を 思い出せる程度に・・・ヒントを書く。
本当は色々書きたいけれど、書いちゃったら読む面白さがなくなるからなぁ。

この中で、一番気に入ったのは「未練」かな。
「聖夜」もちょっと辛い話だけれど、読ませる内容だった。

やはり長編がいいなぁ。


乃南 アサ - -
「女刑事音道貴子 花散る頃の殺人」乃南 アサ
「女刑事音道貴子 花散る頃の殺人」乃南 アサ
目次
あなたの匂い
冬の軋み
花散る頃の殺人
長夜
茶碗酒
雛の夜
特別巻末付録 滝沢刑事・乃南アサ架空対談

女性刑事・音道貴子を 主人公にした初の短編集。
貴子自身がゴミ漁りストーカーに狙、気味悪い日々を過ごす「あなたの匂い」。
ビジネスホテルで死体で発見された老夫婦の、つらい過去を辿る「花散る頃の殺人」。
友人の話は書かれていなかったが ここでは不思議な友人の話?「長夜」。

短いけどしっかり彼女の事が見えてくる。頑張れ!とか 言いたくなっちゃう。
短編集は好きじゃないけど、これならいい。
乃南 アサ - -
「鎖」乃南アサ
「鎖」乃南アサ
549 p 新潮社

音道貴子シリーズ第3弾。
ということは一冊抜かしたって事ね。

霊感占い師一家4人殺人事件。捜査本部に加わった警視庁機動捜査隊・音道貴子刑事は、捜査一課の男性刑事星野と組んで捜査を開始。しかし、ペアとなった彼は出世志向が強く、しかも、音道につまらない事で、感情を剥き出しにしてきた。おかげで単独捜査を余儀なくされた彼女は…。

あの中年刑事の滝沢も登場!
部厚い 割に一気だった。
凍える牙のように颯爽と、バイクで走るシーンは なかったのが残念。
乃南 アサ - -
| 1/1 |