Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「屋上のあるアパート」阿川 佐和子
 「屋上のあるアパート」阿川 佐和子
250p講談社

麻子は 情けなくなってきた。どうして自分は 何をやっても うまくいかないのか。
結婚も仕事も、一人暮らしすら まともにできない。
そんなに 無能なのだろうか。
親が 心配してくれる気持が わからないではない。
だからこそ、出なければいけないのだ。

NHKのドラマで見たままだった。ということは うまくドラマ化 されていたって 事でしょうが、読んでて つまらないよね。

時々 そのままの映像が 浮かび 先が わかっちゃう わけだから。
阿川 佐和子 - -
「婚約のあとで」阿川佐和子
「婚約のあとで」阿川佐和子
325p 新潮社

三十歳を 目の前に 婚約した村松波 不倫をしている妹の村松碧、波の会社の化粧品のインダストリアル・デザイナー宮下真理。

波の周りの女性たちのオムニバス。

それぞれの女性の話で サクサク読める。
ただ どうしても 阿川さんの顔が ちらつくのよね。

それに登場人物って、なんか、離婚したり 一人だったり、不倫だったりが多くない?
あ、何か ハプニングがないと 話に ならないのか。

阿川 佐和子 - -
「スープ・オペラ」阿川 佐和子

「スープ・オペラ」阿川 佐和子
373 p 新潮社

島田ルイ、35歳独身。トニーという初老の画家。建築雑誌の編集者 康介。
ひょんなことから 三人で、ルイの住む 古い家で 同棲することに なった。


なんだか テレビドラマに なりそうなお話。
ゆっくりと流れる時間。
古い商店街や住宅街、木造の家の感じが 心地よかった。


阿川 佐和子 - trackbacks(1)
「往復エッセイ ああ言えばこう行く」阿川 佐和子、檀 ふみ
agawa
「往復エッセイ ああ言えばこう行く」阿川 佐和子、檀 ふみ
253 p 集英社
『ああ言えば こう食う』の第二弾

お二人のデコボココンビが笑わせる。
いい友達だわねと感心するばかり。


阿川 佐和子 - trackbacks(0)
「ウメ子」阿川 佐和子

「ウメ子」阿川 佐和子
252 p 小学館

みよの通う幼稚園に、強烈な個性のウメ子が やってきた。ウメ子は、なんでも知っていて、佳代はすっかり虜になった。

これを読んで思い出したこと。
そう言えば 自分にも幼稚園時代に このウメ子のような子がいた。
名前は モモちゃん。フルネームは 覚えてない。
彼女は、自分の家が、文房具屋サンなのに ちゃんと言えず、『ボンボウグ』と言っていた。
漫画がすごく美味く、いつも書いてくれた。
但しその漫画は少女漫画ではなく、大人の漫画の『ちびっこギャング』の漫画だった。
確か 弟もいてよく遊んだが、小学校が違ったのでそれっきりになったのだが。
ちょっぴり大人で いろんなことを知っている 不思議な子だった。
阿川 佐和子 - -
| 1/1 |