Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「光圀伝」冲方 丁
「光圀伝」冲方 丁
751p角川書店

なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか―。老 齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。血 気盛んな“傾奇者”として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂 という空前絶後の大事業に乗り出す―。生き切る、とはこういうことだ。

うう、12/1中に読みたかった。
過ぎちゃったヨォ。
光圀って 良く知らなかった、こういう人だったのかなぁ。
夢膨らむ 御仁だったのね。
面白かった。
冲方 丁 - -
「天地明察」冲方 丁
「天地明察」冲方 丁
475p角川書店

江戸、四代将軍家綱の時代、日本独自の太陰暦を 作り上げる--日本文化を変えた大いなる計画があった。果たしてそれは完成するのか。

和算と暦と、なかなか面白かった。
欲を言えば、土御門家とかもうちょっと出てきてほしかった。

 
冲方 丁 - -
「マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 」冲方 丁

「マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 」冲方 丁
379 p 早川書房

科学技術発祥の地“楽園”を訪れたバロットが知ったのは、シェルの犯罪を裏付ける記憶データが、カジノに保管された4つの100万ドルチップ内に存在するという事実だった。そこで、ルーレットの次にブラックジャックに挑む。完結篇。

前半は、カジノでのゲーム。
後半は、アクション。
ちょっとお疲れ…
冲方 丁 - -
「マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼」冲方 丁


344 p 早川書房
1で、追跡者のボイルドに、ウフコックと
バロットは散々な目にあったが、なんとか快復。
ドクターとともに、敵の本拠地の
「カジノ」に乗り込み、いろいろなギャンブル勝負。

ネズミ型万能兵器の「ウフコック」が、
12国記での「楽俊」に思えちゃうのは私だけ?
何しろ変身しちゃうし兵器にはなるけど、
生物のようなきがするし〜
冲方 丁 - -
「マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 」冲方 丁
「マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 」冲方 丁 (ウブカタ トウ)
316 p 早川書房
なぜ、私なの?―賭博師シェルは、少女娼婦バロットを爆死させようとした。瀕死の彼女は、委任事件担当官でネズミ型万能兵器のウフコックによって助けられる。

未来物。
マトリックスのように動ける敵対する担当官のボイルド。
変身するウフコック。

あらら、続いちゃったよ。

やっぱり3まで一挙に借りたらよかった!
冲方 丁 - -
| 1/1 |