Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと」荻原 規子
 「RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと」荻原 規子
362p角川書店


RDGシリーズ、完結。
泉水子は“戦国学園祭”で能力を顕現させた。影の生徒会長・村上穂高は、世界遺産候補となる学園トップを泉水子と判定するが、陰陽師を代表する高柳は、異 議をとなえる。そして、IUCN(国際自然保護連合)は、人間を救済する人間の世界遺産を見つけだすため、泉水子に働きかけ始めた!?泉水子と深行は、だ れも思いつかない道のりへ踏みだす。姫神による人類滅亡の未来を救うことはできるのか―。


最終巻だけど、終盤バタバタっと終った感じ。
もう少しゆっくり話を進めてほしかった。
それに、はっきりさせてないことも 多いし。

できたら、分かり合えたかもしれない学園の仲間との その後も 知りたい。番外編とか でるといいな。
荻原 規子 - -
「RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日」荻原 規子
「RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日」荻原 規子
343p角川書店
いよいよ始まった「戦国学園祭」。泉水子たち執行部は黒子の衣装で裏方に回る。八王子城攻めに見立てた合戦ゲーム中、高柳たちが張った罠に気づいた泉水子は、自分がその術にはまったことを知る。

こういうのはサクサク読めちゃうね。
まだ続くんだ〜。
完結してから一気読みがよかったかもね。
早く 次巻を 読みたいヨォ。
荻原 規子 - -
「RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた」荻原 規子
 「RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた」荻原 規子
330p角川書店

学園祭の企画準備で、夏休みに 鈴原泉水子たち生徒会執行部は、宗田真響の地元・長野県戸隠で 合宿をすることになる。
初めての経験に 胸弾ませる泉水子だったが、合宿では真響の生徒会への思惑が さまざまな悶着を引き起こす。

やっと学校にも慣れ、いろいろと、自覚が 出てきた泉水子。
次が、楽しみ。早く読みたいな。
荻原 規子 - -
「RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧」荻原 規子
 「RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧」荻原 規子
317p角川書店

神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。

学校の寮で 同室になった、宗田真響。
なかなかいい キャラだけど、信じていいのよね?
突然変身して、敵対勢力にはならないよね?

読んでいて つい 裏を 考えてしまうよ。
荻原 規子 - -
「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」荻原 規子
 「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」荻原 規子
301p角川グループパブリッシング

世界遺産に 認定される玉倉山に 生まれ育った 泉水子は 突然、東京の高校進学を 薦められた。

このシリーズを 見逃していたことが 悔しい。
もっと 早く読みたかったわ。
こういうの テレビドラマに なりそうよね。

イケメンそろえて やってほしいわ。
荻原 規子 - -
「薄紅天女」荻原 規子

「薄紅天女」荻原 規子
484 p徳間書店
同い年で、甥と叔父の阿高と藤太は 武蔵の地で、双子のように 十七まで 育った。
阿高のもつ不思議な力が わかったときに 二人の冒険は 始まる。

三作目は、主人公が少年だ。
第二部では少女もその冒険に参加。

勾玉でつながっている3作だが、どれもちがった魅力で面白かった。
荻原 規子 - -
「白鳥異伝」荻原 規子

「白鳥異伝」荻原 規子
598 p 徳間書店

遠子と拾い子の小倶那は双子のように育った。
気の弱い小倶那は、いつも遠子に助けられていた。

 ヤマトタケル伝説を下敷きに織り上げられた、ファンタジー。

最後は恋愛物語にもなるし、なかなか壮大な物語。
三部作なので後ひとつ読もう。


荻原 規子 - -
「空色勾玉」荻原 規子
「空色勾玉」荻原 規子
420 p 福武書店
時は まだ神と人間とが混沌としている神代の時代。
村娘のみなしごの狭也(さや)は、村祭りの日にやってきた楽師たちに 突然 自分が 「闇」の一族の巫女「水の乙女」であることを告げられた。
しかしそれが信じられない 狭也(さや)は、あこがれの「輝」の宮へ救いを求める。

ファンタジーだけれど、外国のそれではなく日本人の持つ根本的な考えのようなものが心地よい。
骨子は古事記とか。
伊耶那岐命、伊耶那美命、天照大神、月夜見尊とか なんとなく知ってる話が踊りだしてくるわけね。


イメージは、もののけ姫のような感じで、時代はもっとさかのぼっているが、女の子が 奮闘する。
すごく面白かった。
荻原 規子 - -
| 1/1 |