<< 「日本システムの神話」猪瀬 直樹 | main | 「吉原手引草」松井 今朝子 >>

「きみはポラリス」 三浦 しをん


「きみはポラリス」 三浦 しをん
301p 新潮社

目次
永遠に完成しない二通の手紙
裏切らないこと
私たちがしたこと
夜にあふれるもの
骨片
ペーパークラフト
森を歩く
優雅な生活
春太の毎日
冬の一等星
永遠につづく手紙の最初の一文

この中では、「骨片」がすきかな。

昔々 学生だったころ、深夜放送で 聞いた、

お前死んでも寺へはやらぬ 燒いて粉にして酒で飮む

という、都都逸を 思いだした。

それにしてもポラリスって、冬ソナをイメージしちゃったよ〜

三浦 しをん - 13:56 - - - - -

スポンサーサイト

- - 13:56 - - - - -