<< 「犬身」松浦 理英子 | main | 「天璋院篤姫(下) 」宮尾 登美子 >>

「天璋院篤姫上」宮尾 登美子


「天璋院篤姫上」宮尾 登美子
419p講談社

十八歳で藩主斉彬の養女となった篤姫が、十三代将軍家定の正室として嫁ぐ。

テレビを見て読む気になった本。
かなりテレビの設定とは 異なるが、これを読むとどう演出していくのか これからが たのしみ。
篤姫の宮崎あおいさんと、幾島の松坂慶子さんを 思い浮かべつつ読んだ。

本のほうは かなり 武士たちの政治的な感じ。
テレビの大奥なんかより よほど面白いぞ。

宮尾 登美子 - 14:43 - - - - -

スポンサーサイト

- - 14:43 - - - - -