Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「村田エフェンディ滞土録」梨木 香歩

「村田エフェンディ滞土録」梨木 香歩
220 p 角川書店

日本人留学生村田君の土耳古滞在記。
そこには、英国の女主人、希臘、独逸の若者がいて熱い交流があった。

「家守綺譚」の綿貫の友人であることは、先に読んだ本でわかっていた。

日本に帰ってきて、綿貫の下宿先に 村田がたずねるシーンもあり、微妙に交差しているのが嬉しい。

古い中東を知った気分になる。
一神教との対立など、考えさせられる部分が多い。
宗教とは?国家とは?
結構大きい問題をサラリと扱っている。

「家守綺譚」と「村田エフェンディ滞土録」は一緒に読んで欲しいとあったが、二冊一緒にと言うのはわかるなぁ。
なかなかジンワリ来る作品だった。
梨木 香歩 - trackbacks(2)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://alice81.jugem.cc/trackback/200
本書の主人公である考古学者の「村田」は、【家守綺譚(いえもりきたん)】の主人公「綿貫征四郎」の友人。 家守綺譚梨木 香歩 (2006/09)新潮社 この商品の詳細を見る 綿貫が日本で物書きとして地味に(そして河童やキツネ
| ぱんどら日記 | 2006/11/08 14:30 |
村田エフェンディ滞土録 ■やぎっちょ書評 ほんぶろでもオススメに指定されていたこの本。本屋さんで文庫化されているのを見つけて手にとってみました。奥付を見ると、やはり単行本が発行されてから3年が経っています。3年が標準なのですねぇ。 梨木さん初読みです。
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/05/31 14:14 |
<< NEW | TOP | OLD>>