<< 「秘密 上」ケイト・モートン | main | 「タニアのドイツ式台所管理術」門倉多仁亜 >>

「政と源」三浦しをん

「政と源」三浦しをん
262p集英社
つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子が おかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするがー。弟子の徹平と賑やか に暮らす源。妻子と別居しひとり寂しく暮らす国政。ソリが合わないはずなのに、なぜか良いコンビ。

幼馴染がいる有難さ。

三浦 しをん - 13:39 - - - - -

スポンサーサイト

- - 13:39 - - - - -