Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼」冲方 丁


344 p 早川書房
1で、追跡者のボイルドに、ウフコックと
バロットは散々な目にあったが、なんとか快復。
ドクターとともに、敵の本拠地の
「カジノ」に乗り込み、いろいろなギャンブル勝負。

ネズミ型万能兵器の「ウフコック」が、
12国記での「楽俊」に思えちゃうのは私だけ?
何しろ変身しちゃうし兵器にはなるけど、
生物のようなきがするし〜
冲方 丁 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>