Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
「容疑者Xの献身」東野 圭吾

「容疑者Xの献身」東野 圭吾
352 p 文藝春秋

石神は 恋した隣の部屋の女性が、犯した殺人のアリバイ工作をする。湯川と石神は同窓生だった。



う〜ん。この女が バカだ。そういう設定は 私は イヤだ。
石神の純愛は 許すとして、読み終わって ちょっと不可解な気分。
だって 普通なら、絶対に疑いを 持つことにこの女は 疑わない なんてありえない!
もう 少しきめ細かい方法を 考えてくれよ〜、石神さん。
確かに話は 一気に読めて 面白いんだけどねぇ。
東野 圭吾 - trackbacks(3)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://alice81.jugem.cc/trackback/746
「容疑者Xの献身」読了。 湯川先生は 出てくるがシリーズというよりは 独立しているかも。 数学者は、紙と鉛筆で 解決する。 何か 変人みたいな感じで 描かれちゃってるが、実際は、そんなことは ないと思う。 それなのに 天才数学者ということで、誰もが描
| BIBLIOPHILE | 2006/03/24 15:53 |
   「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いんだけど「運命の数式。命がけの純愛
| 男を磨く旅 | 2007/02/21 19:13 |
東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。 若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。 結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。
| 本を読もう | 2007/03/22 08:10 |
<< NEW | TOP | OLD>>